研究集会 日本古典芸能における身体 ミラノ・シンポジウム The Body in Japanese Traditional Performing Arts

Milanpo, 9 Settembre 2018

9:30-9:45: 開会挨拶 Saluti inaugurali

ボナヴェントゥーラ・ルペルティBonaventura Ruperti(Università di Venezia “Ca’ Foscari”)

コッラード・モルテーニ Corrado Molteni (Università degli Studi di Milano)

9:45-10:45: 「古典芸能と身体:南北劇と産女」山下則子Yamashita Noriko(国文学研究資料館National Institute of Japanese Literature)

10:45-11:15: 「荷風『江戸芸術論』における伝統芸能の力」マリア・ガラ・フォッラコMaria Gala Follaco(Università di Napoli “L’Orientale”)

11:15-11:45: 「山姥変奏 - 伝承、古典、能楽から戦後女性文学へ」ダニエラ・モーロDaniela Moro(Università di Venezia “Ca’ Foscari”)

11:45-12:45: ラウンドテーブル・ディスカッション「身体表現の形象と語り」

Intervengono: マリア・ガラ・フォッラコMaria Gala Follaco, クラウディア・ヤッゼッタClaudia Jazzetta, マテジルデ・マストランジェロMatilde Mastrangelo, ダニエラ・モーロDaniela Moro, ステファノ・ロマニョーリStefano Romagnoli, ボナヴェントゥーラ・ルペルティBonaventura Ruperti, 鷺山郁子Sagiyama Ikuko, 山下則子Yamashita Noriko

 

Università degli studi di Milano, Polo Sesto S. Giovanni  Piazza Indro Montanelli 4, Aula T8

SeminarioSeminario [2.746 Kb]